Title

研究業績

研究テーマ

  • 重複クラスター分析法,多次元尺度構成法(MDS)

所属学会

  • 日本分類学会 2005年度~
  • 日本行動計量学会 2005年度~
  • 日本計算機統計学会 2006年度~
  • 日本オペレーションズ・リサーチ学会 2008年度~
  • 日本マーケティング・サイエンス学会 2016年度~
  • 日本経営工学会 2011年度~2015年度
  • 日本人間工学会 2003年度~2004年度

投稿論文

  • Okada, A., and Yokoyama, S. (2015). Asymmetric CLUster analysis based on SKEW-symmetry: ACLUSKEW. In I. Morlini, T. Minerva, and M. Vichi (Eds.). Advances in Statistical Models for Data Analysis (pp. 191-199). Springer-Verlag.
  • 岡太彬訓・横山暁 (2015). 多層クラスター分析―ソフトドリンク間のブランドスイッチングの分析― (Multi-Layer Cluster Analysis: Analysis of Brand Switching Among Soft Drinks). データ分析の理論と応用, 4, 3-15.
  • Yokoyama, S., and Okada, A. (2013). One-mode three-way analysis based on result of one-mode two-way analysis. In L. Berthold, V. P. Dirk, and U. Alfred (Eds.). Algorithms from and for Nature and Life (pp. 195-203). Heidelberg-Berlin: Springer-Verlag. doi:10.1007/978-3-319-00035-0_19
  • Okada, A., and Yokoyama, S. (2013). Cluster analysis based on pre-specified multiple layer structure. In L. Berthold, V. P. Dirk, and U. Alfred (Eds.). Algorithms from and for Nature and Life (pp. 105-113). Heidelberg-Berlin: Springer-Verlag. doi:10.1007/978-3-319-00035-0_10
  • Yokoyama, S., Nakayama, A., and Okada, A. (2010). An application of one-mode three-way overlapping cluster analysis. In L. J. Hermann, and C. Weihs (Eds.). Classification as a Tool for Research (pp. 193-200). Heidelberg-Berlin: Springer-Verlag.
  • Yokoyama, S., Nakayama, A., and Okada, A. (2009). One-mode three-way overlapping cluster analysis. Computational Statistics, 24, 165-179. doi:10.1007/s00180-008-0114-z
  • Yokoyama, S., and Okada, A. (2007). Rescaling proximity matrix using entropy analyzed by INDSCAL. In R. Decker, and H. J. Lenz (Eds.). Advances in Data Analysis (pp. 327-334). Heidelberg-Berlin: Springer-Verlag. doi:10.1007/978-3-540-70981-7_37
  • 横山暁・岡太彬訓 (2006). 銘柄変更データにおけるエントロピーを用いた親近度行列の再構成法 (Rescaling a proximity matrix using entropy in brand-switching data).行動計量学, 33, 159-166. doi:10.2333/jbhmk.33.159

その他論文

  • Yokoyama, S., and Okada, A. (2011). A Study on the Necessity of One-mode Three-way Analysis. The Teikyo University Economic Review, 45 (1), 143-150.
  • 山本力也・横山暁・鈴木秀男 (2010). 食MAPから読み解く日本の現代の行事食. Direct Marketing Review: Journal of the Academic Society of Direct Marketing, 9, 19-32.
  • A study on the analysis of one-mode proximities and its applications (単相親近度データの分析とその応用に関する研究). 博士論文, 慶應義塾大学(2009年3月)
  • 中山厚穂・竹内光悦・酒折文武・鶴見裕之・横山暁・増田純也 (2008). CGMサイトにおけるバズ・マーケティングの効果測定とその検証. 財団法人 吉田秀雄記念事業財団 平成19年度 助成研究論文集.(全164ページ)
  • 多次元尺度構成法におけるエントロピーを用いた行列の再構成法 (Rescaling proximity matrix using entropy in multidimensional scaling),修士論文,慶應義塾大学(2005年3月)

解説記事等

国際学会発表

  • Okada, A., and Yokoyama, S. (2015). An algorithm of nonhierarchical asymmetric cluster analysis [summary]. Proceedings of Conference of the International Federation of Classification Societies (IFCS 2015), pp. 195-196. (July 7th, 2015)
  • Yokoyama, S. (2015). A study on the overlapping cluster analysis for the large data [summary]. Proceedings of Conference of the International Federation of Classification Societies (IFCS 2015), pp. 173-174. (July 7th, 2015)
  • Okada, A., and Yokoyama, S. (2014). Nonhierarchical asymmetric cluster analysis of relationships among managers at a firm [summary]. Proceedings of Second European Conference on Data Analysis (ECDA2014), p. 162. (July 4th, 2014)
  • Okada, A., and Yokoyama, S. (2013). Nonhierarchical asymmetric cluster analysis [summary]. Proceedings of 9th Scientific Meeting of the Classification and Data Analysis Group of the Italian Statistical Society, pp. 353-356. (September 19th, 2013)
  • Okada, A., and Yokoyama, S. (2013). Multi-layer cluster analysis of brand switcing among coffee [summary]. Proceedings of 13th Conference of the International Federation of Classification Societies (IFCS 2013), p. 5. (July 15th, 2013)
  • Yokoyama, S., and Okada, A. (2013). Simulation study by one-mode three-way analysis based on one-mode two-way analysis [summary]. Proceedings of European Conference on Data Analysis 2013, p. 111. (July 11th, 2013)
  • Yokoyama, S., and Okada, A. (2011). One-mode three-way analysis based on result of one-mode two-way analysis [summary]. Proceedings of Joint Conference of the German Classification Society and the German Association for Pattern Recognition, p. 230. (September 2nd, 2011)
  • Okada, A., and Yokoyama, S. (2011). Cluster analysis based on multi-layer structure [summary]. Proceedings of Joint Conference of the German Classification Society and the German Association for Pattern Recognition, p. 154. (August 31st, 2011)
More
  • Yokoyama, S., and Okada, A. (2010). A study on the necessity of analysis in one-mode proximity data [summary]. Proceedings of 34th Annual Conference of the German Classification Society, p. 197. (July 22nd, 2010)
  • Yokoyama, S., Nakayama, A., and Okada, A. (2009). An application of one-mode three-way overlapping cluster analysis [summary]. Proceedings of 11th Conference of the International Federation of Classification Societies (IFCS 2009), p. 338. (March 17th, 2009)
  • Yokoyama, S., Nakayama, A., and Okada, A. (2007). An algorithm for one-mode three-way overlapping cluster analysis [summary]. Proceedings of 31st Annual Conference of the German Classification Society, p. 208. (March 8th, 2007)
  • Yokoyama, S., and Okada, A. (2006). Rescaling proximity matrix using entropy applied to INDSCAL [summary]. Proceedings of 30th Annual Conference of the German Classification Society, p. 211. (March 9th, 2006)
  • Yokoyama, S., and Okada, A. (2005). Rescaling proximity matrix using entropy [summary]. Proceedings of 29th Annual Conference of the German Classification Society, p. 254. (March 11th, 2005)

国内学会発表

  • 岡太彬訓・横山暁 (2017). 支持政党の変化と競合関係 III―非階層非対称クラスター分析― (Investigating changes of political party support from 2009 to 2013 III: Non-hierarchical asymmetric cluster analysis) [要旨]. 日本分類学会第35回大会予稿集, pp. 45x-48. (2017年3月7日,法政大学)
  • 岡太彬訓・横山暁 (2016). 特異値分解を用いた非対称多次元尺度構成法の拡張―類似度行列の対角要素の再定義― (Extension of asymmetric multidimensional scaling based on singular value decomposition) [要旨]. 日本行動計量学会第44回大会抄録集, pp. 92-93. (2016年8月31日,札幌学院大学)
  • 横山暁 (2016). 重複クラスター分析法における非小規模データの分析 (Analysis of non-small data by overlapping cluster analysis model) [要旨]. 日本計算機統計学会第30回大会講演論文集, pp. 55-56. (2016年5月19日,ハートピア京都)
  • 岡太彬訓・横山暁 (2015). クラスター分析の目的とクラスターの意味 (Concept of Cluster Analysis and Cluster) [要旨]. 日本分類学会第33回大会予稿集, pp. 9-10. (2015年3月2日,帝京大学)
  • 横山暁 (2014). 重複クラスター分析法を用いたマーケティングデータの分析とその課題 (Analysis of marketing data using overlapping cluster analysis and its problems) [要旨]. 日本行動計量学会第42回大会抄録集, pp. 66-67. (2014年9月3日,東北大学)
  • 岡太彬訓・横山暁 (2013). 非対称k-meansクラスター分析 (Asymmetric k-means cluster analysis) [要旨]. 日本行動計量学会第41回大会抄録集, pp. 384-385. (2013年9月6日,東邦大学)
  • 岡太彬訓・横山暁 (2013). ブランドスイッチの多層クラスター分析 (Multi-layer cluster analysis of brand switching) [要旨]. 日本分類学会第31回大会講演報告集, pp. 34-35. (2013年3月5日,中央大学)
  • 横山暁・岡太彬訓 (2012). 単相2元データ分析に基づいた単相3元データ分析の評価 (Evaluating one-mode three-way analysis based on one-mode two-way analysis) [要旨]. 日本行動計量学会第40回大会抄録集, pp. 223-224. (2012年9月15日,新潟県立大学)
  • 横山暁 (2012). データ解析コンペティション課題設定部門とその研究報告 [要旨]. 日本オペレーションズ・リサーチ学会2012年秋季研究発表会アブストラクト集, pp. 238-239. (2012年9月13日,ウインクあいち)
  • 岡太彬訓・横山暁 (2012). 多層クラスター分析法の一般化 (A generalization of multi-layer cluster analysis) [要旨]. 日本分類学会第30回研究報告会予稿集, pp. 5-6. (2012年3月8日)
  • 横山暁・岡太彬訓 (2011). 単相3元データ分析における単相3元成分と単相2元成分の分離 (Separating one-mode two-way and one-mode three-way components in one-mode three-way analysis) [要旨]. 日本行動計量学会第39回大会抄録集, pp. 305-306. (2011年9月14日)
  • 横山暁・岡太彬訓 (2011). POSデータへの外部分析の適用 (External analysis of POS data) [要旨]. 日本分類学会第29回研究報告会予稿集, pp. 11-12. (2011年8月10日)
  • 横山暁・岡太彬訓 (2010). 重複クラスター分析法における外部分析 (External analysis of overlapping cluster analysis) [要旨]. 日本分類学会第28回研究報告会予稿集, pp. 13-14. (2010年12月19日)
  • 岡太彬訓・横山暁 (2010). 多層クラスター分析法 (Multi-layer cluster analysis) [要旨]. 日本分類学会第28回研究報告会予稿集, pp. 11-12. (2010年12月19日)
More
  • 横山暁・岡太彬訓 (2010). 単相3元データ分析の必要性に関する一考察 (Consideration about the necessity of one-mode three-way data analysis) [要旨]. 日本分類学会第26回研究報告会 研究報告予稿集, pp. 13-14. (2010年2月19日)
  • 中山厚穂・岡太彬訓・横山暁 (2009). 食卓登場メニューにおける非対称性の分析 [要旨]. 日本行動計量学会第37回大会発表論文抄録集, pp. 174-175. (2009年8月6日)
  • 横山暁・岡太彬訓 (2009). 単相親近度データとクラスター分析法 (One-mode proximity data and cluster analysis) [要旨]. 日本行動計量学会第37回大会発表論文抄録集, pp. 70-71. (2009年8月5日)
  • 中山厚穂,竹内光悦,酒折文武,鶴見裕之,横山暁,増田純也 (2009). CGMサイトにおける口コミが消費者行動に与える影響. マーケティング・サイエンス学会第85回研究大会. (2009年6月21日)
  • 横山暁・中山厚穂・岡太彬訓 (2009). 重複クラスター分析法を用いた単相親近度データの分析 (One-mode proximity data analysis using overlapping cluster analysis) [要旨]. 日本分類学会第25回研究報告会. (2009年3月21日)
  • 横山暁・岡太彬訓 (2008). 単相データ分析におけるデータ形式の違いによる分析結果の影響について (A study on the influence of the results for the difference of the data form on one-mode data analysis) [要旨]. 日本行動計量学会第36回大会発表抄録集, pp. 161-162. (2008年9月4日)
  • 横山暁・中山厚穂・岡太彬訓 (2008). 重複クラスター分析法を用いたアクセスログデータの分析 (An application of overlapping cluster analysis for web log data) [要旨]. 日本オペレーションズ・リサーチ学会2008年春季研究発表会アブストラクト集, pp. 208-209. (2008年3月26日)
  • 横山暁・岡太彬訓 (2005). エントロピーを用いた親近度行列の再構成法 (Rescaling a proximity matrix using information entropy) [要旨]. 日本行動計量学会第33回大会発表論文抄録集, pp. 398-399. (2005年8月29日)
  • 横山暁・岡太彬訓 (2007). 単相3元重複クラスター分析におけるアルゴリズムの研究 (A study on the algorithm for one-mode three-way overlapping cluster analysis) [要旨]. 日本行動計量学会第35回大会発表論文抄録集, pp. 103-104. (2007年9月3日)
  • 横山暁・中山厚穂・岡太彬訓 (2006). 単相3元重複クラスター分析におけるMAPCLUSに基づくアルゴリズムの研究 (A study on one-mode three-way overlapping cluster analysis) [要旨]. 日本分類学会第23回研究報告会予稿集, pp. 40-43. (2006年11月26日)
  • 横山暁・中山厚穂・岡太彬訓 (2006). 単相3元クラスター分析 (One-mode three-way cluster analysis) [要旨]. 日本行動計量学会第34回大会発表論文抄録集, pp. 310-311. (2006年9月14日)
  • 横山暁・岡太彬訓 (2005). あいまいさを表す親近度行列の多次元尺度構成法への適用 (Analyzing a proximity matrix which represents uncertainty) [要旨]. 日本分類学会第22回研究報告会予稿集, pp. 46-49. (2005年12月6日)
  • 横山暁・塩谷昌典・竹内寿一郎 (2004). 重心動揺のカオス性の検討―アトラクタの再構成における遅れ時間と埋め込み次元の決定について― [要旨]. 人間工学,第40巻特別号,pp. 508-509. (日本人間工学会第45回大会, 2004年6月6日)
  • 横山暁・小川和輝・竹内寿一郎 (2003). リカレンスプロットによる平衡機能検査データの解析 [要旨]. 人間工学,第33回関東支部大会講演集,pp. 27-28. (日本人間工学会第33回関東支部大会, 2003年11月23日)
  • 塩谷昌典・横山暁・竹内寿一郎 (2003). 重心動揺におけるカオス性の検討 [要旨]. 人間工学,第39巻特別号,pp. 29-30. (日本人間工学会第44回大会, 2003年8月26日)

セミナー等

  • 横山暁 (2016). データ解析コンペティションを通してのデータサイエンティストの養成, 第101回行動計量シンポジウム 実データによる統計教育とデータサイエンティストの育成. (2016年9月24日,岡山理科大学)
  • 横山暁 (2014). 文系学生を対象としたデータ分析支援ツールとしてのVisual R Platform の活用, 数理システム ユーザーコンファレンス2014 論文集, pp. 76-79. (2014年11月21日, 六本木ヒルズ)
  • 横山暁 (2014). 重複クラスター分析法を用いた社会科学系データの理解, 数学協働プログラム ワークショップ 「人間行動への数理の応用による課題解決」研究集会予稿集, pp. 30-33. (2014年2月15日, 帝京大学)
  • 中山厚穂,竹内光悦,酒折文武,鶴見裕之,横山暁,増田純也 (2008). CGMサイトにおける口コミが消費者行動に与える影響, マーケティング・サイエンス学会「言葉とマーケティング」研究部会. (2008年11月17日)
  • 横山暁・中山厚穂・岡太彬訓 (2008). 単相3元重複クラスター分析法とその応用に関する研究. 2008年度科学研究費シンポジウム「多変量解析における最近の話題」報告集, pp. 45-54. (2008年9月30日, 大阪大学)
More
  • 横山暁・中山厚穂 (2007). 重複クラスター分析とその応用 (Overlapping cluster analysis and the application) . 統計数理研究所・共同研究集会 統計サマーセミナー2007. (2007年8月6日)
  • 横山暁・中山厚穂 (2006). 相と元の考え方と重複クラスター分析について (Additive clustering and viewpint of ``mode'' and ``way'') [要旨]. 統計数理研究所・共同研究集会 統計サマーセミナー2006, pp. 35-36. (2006年8月6日)
  • 横山暁 (2003). Install of J to Linux. JAPLA2003シンポジウム論文集. (日本APL協会 2003年シンポジウム, 2003年12月13日)
  • 横山暁 (2003). 計量MDS. JAPLA2003シンポジウム論文集. (日本APL協会 2003年シンポジウム, 2003年12月13日)
  • 横山暁 (2002). 分布のグラフを表示させる. JAPLA2002シンポジウム論文集. (日本APL協会 2002年シンポジウム, 2002年12月7日)

帝京経済学生論集

  • 角地耕大・高橋唯 (2015). ファッション系ECサイトにおける顧客の購買行動の分析. 帝京経済学生論集, 40, pp. 119-134.
  • 川島淳・鶴井裕也 (2014). 共同購入クーポンサイトにおける顧客の閲覧行動および購買行動の分析. 帝京経済学生論集, 39, pp. 49-72.

帝京大学内セミナー

  • 長田栄之助 (2015). ダルビッシュ有と田中将大の投球パターンの検証. 帝京大学スポーツマネジメント研究会(2015年第2回). (2015年10月19日)

学会活動

  • 日本行動計量学会 第45回大会 実行委員会 委員 (2017年8月29日-9月1日,静岡県立大学)
  • The 2017 conference of the International Federation of Classification Societies (IFCS 2017) Assistant Secretary-General (2017年8月8-10日)
  • 日本分類学会 広報委員会 委員 (2017年度-2018年度)
  • 日本分類学会 運営委員会 委員 (2017年度-2018年度)
  • 日本オペレーションズ・リサーチ学会 データサイエンスとマーケティング分析研究部会 幹事 (主査:慶應義塾大学理工学部 鈴木秀男,2017年3月1日-現在)
  • 日本行動計量学会 第19回春の合宿セミナー 実行委員 委員長 (2017年2月26-28日,四季の湯温泉 ホテルヘリテイジ)
  • 2016年度 統計関連学会連合大会 コンペティションセッション(4) 座長 (2016年9月6日,金沢大学)
  • 2016年度 統計関連学会連合大会 企画セッション「日本分類学会シンポジウム:分類理論の最前線」 オーガナイザー・座長 (2016年9月5日,金沢大学)
  • 日本行動計量学会 第44回大会 実行委員会 委員 (2016年8月30日-9月2日,札幌学院大学)
  • 日本計算機統計学会 第30回大会 セッション2B 座長 (2016年5月19日,ハートピア京都)
  • 日本オペレーションズ・リサーチ学会 2016年春季研究発表会 実行委員会 委員 (2016年3月16日-18日,慶應義塾大学)
  • 日本分類学会 第34回大会 第2セッション 座長 (2016年3月1日,東海大学)
  • 2015年度 統計関連学会連合大会 コンペティションセッション(4) 座長 (2015年9月8日,岡山大学)
  • 日本分類学会 幹事(会報・SNS) (2015年度-2016年度)
  • 日本分類学会 運営委員会 委員 (2015年度-2016年度)
  • 統計関連学会連合大会 プログラム委員会 委員 (2015年度-2016年度)
  • 日本行動計量学会 大会担当委員会 委員 (2015年度-2017年度)
  • 日本行動計量学会 広報委員会 インターネット小委員会 委員 (2015年度-2017年度)
  • 日本行動計量学会 運営委員会 委員 (2015年度-2017年度)
  • 日本行動計量学会 第17回春の合宿セミナー 実行委員 委員 (2015年3月7-8日,東京大学)
  • 日本分類学会 第33回大会 実行委員会 委員長 (2015年3月2-3日,帝京大学)
  • 日本テスト学会 第12回大会 実行委員会 委員 (2014年8月30-31日,帝京大学)
  • 日本行動計量学会 第16回春の合宿セミナー 実行委員 委員 (2014年3月13-14日,帝京大学)
  • 日本分類学会 第32回大会 データ分析セミナー2013「ビジネスのためのデータマッピング」 講師 (2014年3月1日,首都大学東京)
  • 日本分類学会 第32回大会 実行委員会 委員 (2014年3月1-2日,首都大学東京)
  • 日本オペレーションズ・リサーチ学会 ビッグデータとマーケティング分析研究部会 幹事 (主査:慶應義塾大学理工学部 鈴木秀男,2014年3月1日-2017年2月28日)
  • 平成25年度 文部科学省・科学技術試験研究委託事業 数学協働プログラム ワークショップ 「人間行動への数理の応用による課題解決」事務担当者(運営責任者:愛知学院大学心身科学部 千野直仁)
  • 日本経営工学会 「経営システム」誌 編集委員会 委員 (2013年7月-2015年6月,第32期)
  • 日本分類学会 幹事(会報・SNS) (2013年度-2014年度)
  • 日本行動計量学会 第15回春の合宿セミナー 講師 (2013年3月29-30日,東海大学)
  • 日本分類学会 選挙管理委員会 委員 (2013年)
  • 日本行動計量学会 運営委員会 委員 (2012年度-2014年度)
  • 日本行動計量学会 第14回春の合宿セミナー 講師 (2012年3月17-18日,大阪商科大学)
  • 日本分類学会誌 「データ分析の理論と応用」 編集委員会 委員 (2011年-現在)
  • 日本経営工学会 「経営システム」誌 編集委員会 委員 (2011年7月-2013年6月,第31期)
  • 日本オペレーションズ・リサーチ学会2011年秋季研究発表会 特別セッション 先端マーケティング分析 座長 (2011年9月15日,甲南大学)
  • 日本行動計量学会第39回大会 一般セッション「数学・統計(2)」 座長 (2011年9月14日,岡山理科大学)
  • 日本オペレーションズ・リサーチ学会 先端マーケティング分析研究部会 幹事 (主査:慶應義塾大学理工学部 鈴木秀男,2011年3月1日-2014年2月28日)
  • 日本分類学会 選挙管理委員会 委員 (2011年)
  • 立教大学 社会情報教育研究センター 統計教育部会 協力者 (2010年4月1日-2014年3月31日)
  • 日本行動計量学会 第13回春の合宿セミナー 講師 (2010年3月26-28日,東富士リサーチパーク内TOTO東富士研修所)
  • 日本分類学会 第23回研究報告会 実行委員会 委員 (2006年11月25-26日,多摩大学)
  • 統計数理研究所共同研究集会 統計サマーセミナー2006 座長 (2006年8月7日,秩父)
  • 統計数理研究所共同研究集会 統計サマーセミナー2006 実行委員会 委員 (2006年8月5-8日,秩父)
  • 日本分類学会 第22回研究報告会 実行委員会 委員 (2005年12月6日,立教大学)

外部資金獲得

  • 平成27-29年度 慶應義塾大学学事振興資金(共同研究) 共同研究者(研究代表者:慶應義塾大学 鈴木秀男,研究課題:高次元データ解析法の開発とそのマーケティング分析への応用)
  • 平成26-28年度 科学研究費助成事業 若手研究(B). 研究代表者. 大規模マーケティングデータへのクラスタリング手法の適用.(課題番号: 26780240)
  • 平成19年度 吉田秀雄記念事業財団研究助成 共同研究者(研究代表者:立教大学経営学部 中山厚穂,研究テーマ:CGMサイトにおけるバズ・マーケティングの効果測定とその検証)

賞罰等

  • 平成25年度 日本OR学会 データ解析コンペティション 学生フリー部門(ECサイト購買・閲覧データ) 敢闘賞 (2014年2月8日)
  • 平成21年度 日本行動計量学会 肥田野直・水野欽司賞(奨励賞)受賞 (2009年8月6日)
  • 平成20年度 データ解析コンペティション 学生部門優秀賞 受賞 (2009年3月30日)
  • 第6回「助成研究論文 吉田秀雄賞」常勤研究者の部 第一席 受賞(共同研究/代表者:立教大学経営学部 中山厚穂)(2008年11月7日)
  • 2007年度 藤原奨学基金奨学生

職歴(専任・非常勤)

  • 慶應義塾志木高等学校 講師(非常勤) 数学 (2008/04/01-2010/03/31)
  • 東京経済大学現代法学部 非常勤講師 (担当: 「コンピュータ・リテラシー入門」「コンピュータ・リテラシー応用I」「数理の科学a」「数理の科学b」, 2008/04/01-2010/03/31; 「コンピュータ・リテラシー応用II」, 2008/04/01-2010/03/31)
  • 立教大学経営学部 兼任講師 (担当: 「情報リテラシーB」「統計学入門1」, 2009/04/01-2011/03/31; 「統計学入門2」, 2009/04/01-2010/03/31)
  • 慶應義塾大学理工学部 訪問研究員 (2009/04/01-2010/03/31)
  • 東海大学理学部数学科 非常勤教員 (担当: 情報通信学部設置科目「データ解析・同演習」, 2009/10/01-2011/03/31)
  • 立教大学社会情報教育研究センター設置準備室 プログラム・コーディネーター (2010/01/16-2010/03/31,2010/03/01より社会情報教育研究センター)
  • 帝京大学経済学部経営学科 助教 (2010/04/01-2013/3/31)
  • 東京経済大学現代法学部 非常勤講師 (担当: 「コンピュータ・リテラシー入門」「コンピュータ・リテラシー応用I」, 2011/04/01-2017/03/31;「数理の科学a」「数理の科学b」, 2011/04/01-2012/03/31; 「文系のための基礎数学IIa」「文系のための基礎数学IIb」, 2014/04/01-2017/03/31)
  • 帝京大学経済学部経営学科 講師 (2013/04/01-2017/03/31)
  • 青山学院大学経営学部マーケティング学科 准教授 (2017/04/01-現在)

博士論文

  • A study on the analysis for one-mode proximities and its applications (邦題:単相親近度データの分析とその応用に関する研究,2009年,慶應義塾大学)

研究キーワード

  • 重複クラスター分析法,多次元尺度構成法(MDS),クラスター分析,多変量解析,親近度データ(proximity data),単相3元データ,多元データ
Copyright© Satoru YOKOYAMA All rights reserved.