横山ゼミナールについて

マーケティングデータ分析

横山ゼミでは,【マーケティングデータ分析】をテーマに活動しています.
具体的には,輪読や実習を通してマーケティングにおける調査の方法(マーケティング・リサーチ)や得られたデータの分析の方法を学ぶことで, これまで学習してきたマーケティングについて,データ利用の面からより深く理解し,マーケティングの意思決定に生かすことを目指します.
特に,企業から提供いただいた実際のデータ(消費者の購入記録データや,飲食店や美容室の予約サービスのデータ)を分析し,新規提案や改善案などの施策の提案を行います. なお,これらの提案はデータ提供企業の担当者の前で発表をしています.

また2020年度は,横浜市立大学の有馬貴之ゼミとの合同プロジェクトとして, 築地場外市場における街づくりに関する調査研究を実施しており, マーケティングやマーケティング・リサーチに関する知識をもとに,築地場外市場を活性化するための施策提案等を行っています. このプロジェクトは2021年度も継続する予定です.

上記以外にも,他大学のゼミとの合同ゼミの実施や,主に4年次の卒業研究の一環として学外のコンペ等にも参加しています.

学内外における活動紹介

AGU NEWS(大学広報誌) Vol.95 (PDFファイル) (AGU NEWSについてはこちら
└AGU LiFEのレクチャーでも取り上げられました.
日経メディアマーケティング 導入事例(芳賀ゼミとのPOSデータコンペの取り組みが紹介されました)
日経 Data Science Fes 2019 Student Academy(日経 Data Science Fes 2019 Student Academy で学生が発表した内容が紹介されました)
Copyright© Satoru YOKOYAMA All rights reserved.